読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

purazumakoiの[はてなブログ]

技術メモから最近はライフログも増えてきてます。

Centos6.5にnginxをインストール、confファイルの書き方を見てみる

インストールはこんな感じで

#![Remi リポジトリ導入] --------------------
yum -y install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/remi.repo

################################################################################
#
# nginxのリポジトリを設定インストール
#
################################################################################
touch /etc/yum.repos.d/nginx.repo
vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo
#↓-----------------------------------------------------------------------------
[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/centos/$releasever/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1
#-----------------------------------------------------------------------------↑

#yumのパッケージを最新にアップデート
yum -y update

#インストール
yum -y install nginx
#起動(再起動コマンドだけど)
service nginx restart
#自動起動・確認
chkconfig –add nginx
chkconfig nginx on
chkconfig --list nginx
#バージョン確認(nginx/1.6.1でした)
nginx -v

設定ファイルを見てみよう

設定ファイルはここみたい
cat /etc/nginx/nginx.conf

32行目にこんな記述があった。

include /etc/nginx/conf.d/*.conf;

つまり/etc/nginx/conf.d/以下のファイルを読み込んでいるということですね。


cd /etc/nginx/conf.d/ してllで見ると

default.conf
example_ssl.conf

ってのがいました。

vi default.confでもう編集する気満々で見てみます。

#8行目にこんなのがいました
location / {
     root   /usr/share/nginx/html;
     index  index.html index.htm;
}

#root   ・・・ DocumentRootっぽい!ということで↓みたいにしました。
location / {
     root   /var/www/html;
     index  index.html index.htm index.php index.cgi index.rb index.pl;
}

DocumentRootが無事apacheのデフォルトと同じになりました。