読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

purazumakoiの[はてなブログ]

技術メモから最近はライフログも増えてきてます。

オムロンUPS BY80Sをcentos6に設定

ver44にはCentos5用とRed hat6用のしかなかったので
Red hat6のを入れてみたら上手く動いた。


ちなみに基本はメーカーで同じロジックで動いてるみたいなので型番とかは違っても同じソフトウェア、ドライバでOKのようだ。
※BX50FとBY80Sは同じやりかたでいけた。



参考
http://kowloonet.org/memo/tech/index.php?Master%A5%A8%A1%BC%A5%B8%A5%A7%A5%F3%A5%C8%A1%A7Linux#t48fcfd9
http://d.hatena.ne.jp/sfujiwara/20110216/1297867818


################################################################################
#
# Apacheがインストールされていない場合 インストール
#
################################################################################

#すでにApacheがインストールされていないかどうかを確認
#結果が何も表示されなければ入っていない
rpm -qa httpd

# Apacheインストール
yum -y install httpd・

# 自動起動有効化
chkconfig httpd on

# 自動起動確認
chkconfig --list httpd

# Apacheが起動してなければ起動
/sbin/service httpd start


################################################################################
#
# PowerAct Pro Master Agentのインストール
#
################################################################################

# RPMの場所は /root/omron/software/PowerAct_Pro/Ver44/Linux/Program/Master/64bit/Redhat_Enterprise_Linux_6_x86_64 とする

cd /root/omron/software/PowerAct_Pro/Ver44/Linux/Program/Master/64bit/Redhat_Enterprise_Linux_6_x86_64

#expectが必要なのでインストールチェック
rpm -q expect
#なかったら↓でインストール
yum -y install expect


rpm -ivh PowerActPro-MasterAgent-4.4-20111122.x86_64.rpm



中略

#ライセンスはOK?
Do you agree this license? [ y/n ] y    #yと入力
#SSL通信にする?(yにすると起動時に通信を認識しなかった
Do you want to use SSL communication? [ y/n ] n   #nと入力

※snmpdのエラーは特に出なかった。

Password:*******
Reconfirm Password:*******

自動でApacheが再起動され
インストール完了!


################################################################################
#
# PowerAct Pro Master Agentのパラメタ設定
#
################################################################################
参考
http://kowloonet.org/memo/tech/index.php?Master%A5%A8%A1%BC%A5%B8%A5%A7%A5%F3%A5%C8%A1%A7Linux

# 1. UPSの検索 --------------

# 起動!
/usr/lib/PowerActPro/MasterAgent/config.sh

# Auto
Select Number ->1

#--こんな感じで進んでいきます------------

   Detecting COM1................
   COM1:  No UPS

   Detecting USB1.......
   USB1:  BX50F,  Not Support Outlet


   Total 1 COM ports have been detected!
   Total 1 UPS have been found!


   Press Enter key to continue     # Enter押下で進む

#--------------


# 1. AC Fail Delay Time(Sec):
AC Fail Delay Time(Sec):  60      # 待機時間
#2. Shutdown Start Delay Time(Sec):
Shutdown Start Delay Time(Sec):0  # シャットダウン開始遅延
#3. External Command Line:
Run Command:[ブランクのままEnter] # 仮想環境でゲストOSを先に落とす場合は設定が必要
#4. Run External Command Time(Sec):
Run External Command Time(Sec):0  # 外部コマンド゙実行時間 	
#5. OS Shutdown Need Time:
OS Shutdown Need Time(Sec):180    # シャットダウンに必要な時間 	

#6. Select OS Shutdown Mode:
Select Number ->1
#7. Select Virtual Server Shutdown Mode:
Select Number ->2
#8. Select Guest OS Shutdown Mode:
Select Number ->1

#9. UPS Auto Stop:
Select Number ->2

#10. Other Device:
Outlet A(No Control)(Sec):180

# 11.Network Port Address:
HTTP Port:8080
SMTP Port:25
Syslog Port:514
SNMP port: 161

# 12.Remote Access:
Select Number ->1
# 13.Broadcast ability:
Select Number ->1
# 15.SNMP service control:
Select Number ->2

# 4. 設定値の最終確認  --------------

Select Number ->1


################################################################################
#
# ディレクトリコピー
#
################################################################################
# Apacheの設定ファイル
cat /etc/httpd/conf/httpd.conf 
の306行目が

/var/www/htmlなので

/var/www/htdocs
→PowerAct_Pro
→PowerAct_Pro_Mobile

を
/var/www/html にコピー
これはGUIでrootユーザでログインして手動で行った。
#※コマンドの場合は
cp -rp /var/www/htdocs /var/www/html

################################################################################
#
# 管理画面アクセス
#
################################################################################

http://localhost/PowerAct_Pro/ で管理画面にアクセス出来る

ドメインリンクを押すと、
ユーザID:Admin
パスワード:設定した文字
の入力が求められる