読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

purazumakoiの[はてなブログ]

技術メモから最近はライフログも増えてきてます。

Ubuntu 13.04 にMongoDBをインストール

MongoDBのインストール

via
しゅんたっくの開発日誌: UbuntuにMongoDBをインストールする手順

パッケージ管理システム (APT) への設定

$ sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv 7F0CEB10

/etc/apt/sources.list.d/10gen.list を新規作成

vi /etc/apt/sources.list.d/10gen.list

↓以下一行を書く
deb http://downloads-distro.mongodb.org/repo/ubuntu-upstart dist 10gen

リポジトリを更新

$ sudo apt-get update

MongoDBをインストール

$ sudo apt-get install mongodb-10gen

設定ファイル

設定ファイル・・・ /etc/mongodb.conf
コントロールスクリプト・・・/etc/init.d/mongodb
にある模様

サービス起動( 既に起動しているので再起動 )

$ sudo service mongodb restart

自動起動(失敗)

$ sudo chkconfig mongod on

なんか
apt-get install chkconfig を実行しろといわれるけど
なんかもう提供されていませんみたいなメッセージがでるので

$ sudo apt-get install sysv-rc-conf

自動起動

$ sudo sysv-rc-conf mongod on

確認

$ sudo sysv-rc-conf -list mongod

バージョン確認

$ sudo mongod --version

シェルから接続

接続

$ mongo

DB選択(なければ作成)

> use sample

switched to db sample
といったメッセージがでて、自動で作成→スイッチ(DBの選択?)をしてくれる

選択DBの確認

> db

DB一覧

> show dbs

sample は中身がない場合表示されない。